DMM、仮想通貨取引所を開設 口座開設の申込受付は1月11日~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DMM bitcoin

DMMは12月12日、東京ビットコイン取引所の社名をDMM Bitcoinに社名変更し、サービス/システムを一新した仮想通貨取引サービスを開始することを発表しました。

2018年1月10日に新サービスのサイトをオープンし、1月11日に口座開設の申込受付を開始(予定)としています。

https://tokyobtc.jp/dmm_bitcoin_teaser.html

取引できる仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BTC)の7種類。

14種類の通貨ペアを用意しており、現物取引が可能のは

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • の3種類。残りの以下11種類は、全てレバレッジ取引のみに対応しています。(レバレッジ倍率:5倍固定、証拠金維持率が80%を下回った場合ロスカット)

    • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
    • ネム/円(XEM/JPY)
    • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
    • リップル/円(XRP/JPY)
    • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
    • ライトコイン/円(LTC/JPY)
    • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
    • イーサクラシック/円(ETC/JPY)
    • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
    • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
    • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)
    • 「DMM FX」同様の取引ツールも提供予定としており、PC版とスマホ版(Android/iOS対応)のリリースが予告されています。

      現時点では、リップルのレバレッジ取引に対応している国内取引所はDMM bitcoinのみとなります。




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする