リップルによる韓国大手銀行との共同実験をSBIホールディングスが開始。リップルは一時57円台へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月13日、仮想通貨の1つであるリップル(XRP)が高騰したことが話題になりました。
その原因のひとつとして、本日、SBIホールディングスが発表したプレスリリースが挙げられます。

SBIホールディングスと、子会社のSBI Ripple Asiaが事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」は、韓国大手銀行との間で国際送金の共同実験を開始することを発表しました。プレスリリースには、大手2金融機関(ウリィ銀行、新韓銀行)に加え、国内銀行37行が送金実験に参加することが伝えられています。

これを受けてリップルは朝から上昇トレンドに。朝8時の時点で45円近くをつけ、17時すぎにはさらに高騰。一時57円台に達しました。
これに先駆けて、SBIホールディングスは12月6日、内外為替一元化コンソーシアムによる決済プラットフォーム「RCクラウド2.0」の構築が完了したと発表しています。

「リップル」がツイッターのトレンド入りするなど盛り上がる中、途轍もない額のリップルを保持している方が現れました。

ご存知、「秒速で1億稼ぐ男」こと与沢翼(@tsubasa_yozawa)さんです。

その額、なんと650万リップル(1リップル43円換算で2億7950万円)。

このツイートが投稿された14時半以降、リップルのチャートは大きく上昇に転じています。

保有額が保有額だけに、上昇中の利幅もとんでもない額になっていますね・・・。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする